新築一戸建てのメリットとデメリットをまとめています。青葉区ならかなり高額になり6000万円くらい必要です。
Show MenuHide Menu

青葉区の新築一戸建て、メリットとデメリットを考える

家を購入するならやっぱり新築一戸建てが良いなと思っている人もいるでしょう。

日本人は中古住宅よりも新築の方を好んで買う傾向があるようです。

外国では8割近くが中古住宅を購入していますから大きく違いますね。

ここでは、新築一戸建てのメリットとデメリットを挙げておきますので参考にしてください。

★新築一戸建てのメリット

新築一戸建てのメリットを箇条書きで挙げてみます。

・最新の設備が設置されていることがある

・中古よりも維持費用が安い

・設備のトラブルが起きにくい

・税制の優遇を受けやすい

・保証期間が長い

・新築に住む満足感が得られる

などがあります。

新築だと何もかも新しいものですからすぐに壊れるようなこともなく、最新の設備も整っていて快適に暮らすことができます。

太陽光発電などは、中古の物件の間取りなどにより後付けできないことがあるのです。

★新築一戸建てのデメリット

新築でデメリットはあるのでしょうか。

デメリットと言えるものを挙げておきましょう。

・郊外が中心である

・付帯設備を別途購入しなければならない

・中古よりも高額

がデメリットと言われています。

駅前の便利なところはすでに建物があるため、新築となると郊外になってしまいます。

ですから駅から遠い場所が多いのです。

また、新築一戸建ては照明器具やエアコンなどを別途購入しなければなりません。

物件の値段も中古よりも1000万円ほど高くなるのが通常です。

例えば仙台市の青葉区の新築一戸建ての値段は大体6000万円くらいになるのですが、これは中古物件よりも高い値段でありながら、建物面積は狭いという場合が殆どです。

青葉区の物件価格は一例ではありますが、どの地域でも往々にして同じような価格差があると思っておいてください。