うつ病で悩んでいる人は増 […]

うつ病の原因

うつ病で悩んでいる人は増えてきているようです。

昔と違い精神科や心療内科に受診しやすくなったことやうつ病であることを隠さずに話す人も増えてきていることも増えたと言われる理由だと言われています。

★関連ページ>>うつ病でお悩みの方 | 磁気刺激によるうつ病治療なら新宿ストレスクリニック

誰もがかかる可能性があるうつ病の原因は何なのでしょう。

【明確な原因は不明】

うつ病の原因はこれです、という明確なものはありません。

脳で働く伝達物質の働きが悪くなるのと、ストレスや環境の変化、病気などの様々なものが重なって発病すると言われています。

うつ病は1つの原因で発病するものではありません。

【過度なストレスが発病のきっかけに】

何らかの過度なストレスによってうつ病になることが考えられています。

特に多いとされているのが、人間関係のストレスや環境の変化によるストレスです。

例えば近親者の死やリストラ、定年退職、転勤などです。

昇進や結婚、妊娠、出産といったうれしい出来事でも環境の変化が激しいためうつになることがあります。

【疲労や薬の影響も】

うつ病というと、精神的なストレスが大きいと考えられますが、肉体的な疲労や病気、飲んでいる薬の影響で発病することもあります。

特に女性の場合、生理前や出産後、更年期の頃にうつ病になることが多いようです。

また、降圧剤やピルを服用しているとその副作用でうつになることがあるようです。

【女性や高齢者に多い】

うつ病は男性よりも女性の方がなりやすいと言われています。

しかし、これは女性の方が進んで受診する傾向にあるので多いのではと言われています。

高齢者に多いというのは、配偶者と死別するとか社会的に孤立するためになりやすいと言われています。

うつ病の原因 はコメントを受け付けていません。