8月

26

うつ病の治療方法

自分や家族がうつ病と診断されたら、治療をしていかなければなりません。

早く治療に取り掛かれば良くなる病気なのでうつ病と診断されても悲観しないでくださいね。

うつ病の治療についてまとめておきますので参考にしてください。

【とにかく十分な休養を】

うつ病の人は、「常に何かをしていないといけない」とか「休むなんてできない」という考えの人が多いため、なかなか休もうとしません。

体は動くため、無理して動いてしまいます。

何も考えずにゆっくり休養することが、一番の治療法なのです。

どうしても休めない状況にある人の場合、入院してもらうこともあるようです。

【薬による治療】

うつ病は、薬を飲むことで症状が良くなることがあります。

抗うつ剤を処方されるかと思いますが、医者の指示通りに飲むようにしましょう。

精神科でもらう薬に抵抗を感じる人もいるようですが、良い効果がみられますので飲むようにしてください。

もちろん良くなれば薬を飲む必要はなくなります。

ずっと飲み続けなければならないことはありません。

▼他にも治療法は色々あります→うつ病治療に行動活性化療法 嫌な気分の時こそ、動く|ダイヤモンド・オンライン

【信頼できる医師を見つけよう】

うつ病は精神科の医師と相性が良くないと治療が進まないケースがあります。

自分が信頼できると感じた医師と一緒に治療していくことで、良くなっていきます。

相性の合う医師と出会うまで、いくつかの病院を回ったという人もいます。

信頼できる医師を見つけ、うつ病を治療していきましょう。

風邪などと違い、治るまで時間がかかるかもしれませんが、治療すれば良くなる病気ですから諦めないで治療を続けていきましょう。

Posted in うつ病治療の際に | うつ病の治療方法 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.