新築一戸建てのメリットとデメリットをまとめています。青葉区ならかなり高額になり6000万円くらい必要です。
Show MenuHide Menu

デザイナーズ住宅の価格は割高になる?

2018年3月30日

家を買うなら新築一戸建て、それもデザイナーズ住宅が良いなと考えている人もいるのではないでしょうか。

人気の青葉区にも、デザイナーズ住宅の新築一戸建てが売り出されているようです。

その価格について調べてみました。

★デザイナーズ住宅とは?

デザイナーズ住宅というのは何年か前にとてもブームになりましたね。

一般的には、有名な建築家やデザイナーが設計した居住性よりデザイン性を重視した住宅という意味が知られています。

しかし、実際のところ、デザイナーズ住宅という言葉には明確な定義はありません。

住宅販売会社や工務店が、デザイナーズ住宅として、外壁や内装、設備をおしゃれにして販売することもあるようです。

★デザイナーズ住宅は高い?

デザイナーズ住宅と言えば、賃貸マンションなら家賃は高め、一戸建てなら一般の家よりやや高めの価格で出されていました。

値段を高く設定してもすぐに満室、完売となったものですが、最近では一般の住宅と価格の差はほとんどないようです。

青葉区にも数件のデザイナーズ住宅の新築一戸建てが売り出されていますが、価格は一般の新築一戸建てとほとんど変わらなくなっています。

★間取りや設備がおしゃれ

青葉区で売り出されているあるデザイナーズ住宅では、間取りが一般の家と少し変わっていたり、フローリングを天然無垢材にしたり、設備をおしゃれなものにしています。

外観はそれほど変わりませんが、ちょっとしたところにおしゃれ感が漂うようにしているようです。