新築一戸建てのメリットとデメリットをまとめています。青葉区ならかなり高額になり6000万円くらい必要です。
Show MenuHide Menu

青葉区でおすすめの新築一戸建て物件

2018年4月7日

青葉区には最近新築一戸建ての物件がたくさんできているようです。

横浜でも人気の場所であるため、どんどん新興住宅地が増えてきているのです。

青葉区の新築一戸建ての物件で、おすすめのものをご紹介しておきます。

★ゆったり大きめの家に住みたいなら

新築一戸建てなら少々狭くても我慢する、という人もいるでしょうが、せっかく一戸建てに住むのだから少し大きめの家に住みたいという人は多いのではないでしょうか。

仙台で大きめの新築一戸建てとなると高額になりますが、仙台市営地下鉄南北線の北仙台から徒歩9分の場所に土地面積建物面積が100㎡以上のものがあります。

ほとんどの家が4LDKで広々としており、最多価格帯が5480万円と周辺の新築一戸建てよりも高めですが人気となっているようです。

★これから開発される街

宮城県仙台市青葉区は住みやすい街としても有名です。

緑がたくさんあり、駅周辺にはショッピングやレストランがあります。

教育施設や公園も整っており、子どもの教育環境も抜群の場所です。

この住みやすい環境のため、1990年から2015年もの間人口推移が上昇していることが報告されています。

★環境が良いのが一番

田舎過ぎても困るし、あまり賑やか過ぎるのも困るものです。

青葉区は駅前に行くと賑やかで、家の近くは緑に囲まれた静かな場所となるため住みやすいと感じる人が多く、人気となっています。

子育ての環境にもぴったりなので、これから若い世代の人口がもっと増えてくるでしょう。